今回はBWL×STARWARSコラボペンダントのゴールドコーティングカスタムのご紹介です。

BWL×STARWARSコラボアイテムは、映画「スターウォーズ」の公開を記念して製作された数量限定のアイテムでスグに完売しましたよね。当店でも数点入荷しましたが、スグに完売しました。現在は追加入荷分の数点だけ在庫確保しています。気になった方はチェックしてみて下さい。

 

さて、本題のゴールドコーティングカスタムです。今回はスタッフの私物を電気メッキという方法で18金ゴールドコーティングしていきます。

電気メッキとは文字通りメッキとして付けたい金属を、電気化学的に析出(電着)させる表面処理方法です。

 

電気メッキにはこんな機械を使いますよ。

ではまず、メッキを施すための準備です。まずはクリーニング。アクセサリーに汚れ等があるとキレイにメッキが定着しません。ですのでかなり気を使って汚れを除去してあげる必要があります。

 

 

大きなバフマシンを使用して、全体的に汚れをおとしていきます。このマシンは軍手を2重にしないと摩擦熱でやけどしてしまう程、超高速で回転します。

全体の汚れを落とし終わると、細かい所のクリーニングのためペン型の電動切削工具、通称「リューター」と呼ばれる機械へ持ち替えてさらに掃除します。

 

 

リューターで、バフマシンで磨けなかった細かい所や、角、ベイルの内側を丁寧に掃除していきます。ちなみにこのリューターも高速で回転しますので、2重軍手が必須です

バフとリューターできれいにしたら、今度は超音波洗浄機(眼鏡屋さんの店頭とかに置いているヴィィ~ィンンとうるさいヤツです)で固着した汚れを浮かし落とします。

 

 

細かいデザインの奥に入り込んだ燻し等はバフでは届かないので、超音波で振動させて浮かせてあげることで、キレイに取れます。

それでも奥に入り込んだ汚れが落ちない時は、バーナーを使って焼き落とします。

 

 

汚れを完全に焼き落としたら、酸に入れて冷まします。水ではなく「酸」で冷ますことで、表面に浮き出たすすを溶かし仕上がり時に膜のような模様が出るのを防ぎます。

 

完全に冷ましたら、もう一度バフマシンでキレイに磨き整えてあげます。すると完全に汚れの取れた状態のアクセサリーになります。

 

 

ここからようやくコーティング作業です。電気を通した状態で脱脂溶液に浸して、表面の油分を取り除き完全に脱脂した後、コーティング溶液へ浸します。電気を通した状態で約60度の溶液ですので、長く浸しすぎるとコゲてしまし、仕上がりが黒っぽくなってしまうので、様子を見ながら作業します。

 

いい感じの所で取り出し、水で溶液を洗い流したら、色味や定着具合を最終チェックし、問題がなければ完成です。

 

左側はコーティング前、右側がコーティング後です。

 

 

momoJEWELRYチャンネルでも、動画で詳しく解説していますので、よかったらご視聴ください。

また現在momoJEWELRYでは、毎月5日と25日はクリーニング無料&コーティング半額キャンペーンを実施しておりますので、この機会に是非ご利用ください。

クリーニング・コーティング・カスタムのメニューはコチラ

 

 

この商品が気になった方は下記よりご覧ください

Amazonで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です