今回は、ペンダントの修理を紹介したいと思います。下の画像のように、ペンダントトップとチェーンを通すベイルを繋げてたとこが折れて分離しています。

 

 

今回は、ペンダントにCZがセッティングされてるのでこのままバーナーで熱をあたえると割れてしまいますので、今回はヒートカット」という粘土状のものでペンダントを包みます。

 

 

溶接する箇所がほんの小さなポイントで、長時間熱をあたえたくないので、溶接に使用する銀ロウも「早ロウ」と言われる溶けるスピードが早い方を使用します。

 

 

で、溶接する箇所にフラックスを少量だけ乗せ,小さくカットした早ロウを乗せます。

 

 

さぁ、次は溶接です。溶接箇所はほんのワンポイントだけなので一瞬でおわります。溶接のあとは、包んでいたヒートカットを剥がしてキレイに磨き上げます。

 

 

これで完成です。

 

 

今回は店内で修理いたしましたが、修理内容によってはお預かり修理になる場合もございますので、一度スタッフにご相談下さい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です