はじめまして。momoJEWELRYスタッフの土井と申します。今回はシルバーチェーンのサイズアップについてご紹介をさせて頂きます。まず最初にご覧いただきます画像は

 

 

2本の全く同じタイプのシルバーチェーンで長さも同じ全長40cmの物をご用意させて頂きました。こちらの片方のパーツを使いもう片方のチェーンの長さを全長45cmに加工したいと思います。

はじめにチェーンのパーツをカットするところから始めます。

 

 

こちらはチェーンをカットする為の専用の糸のこぎりになります。そこにシルバーをカットしやすくするためのワックスを塗ります。次に

 

 

カットする際に木製の土台を利用しカットしていきます。するとこの様に

 

 

正面向かって左の画像のようにチェーンのパーツがカットされました。そして次にあらかじめ用意しておいた5cm分のチェーンのパーツを40cmのカットしたチェーンの方に入れ込み正面向かって右側の用にカットした部分が分かるようにマジックで印をつけておきます。

※塗っているマジックは磨きなのどですぐに消えるので心配はございません。

そして次はカットした部分の溶接作業に入ります。

 

 

上の写真はフラックスと言った溶接する箇所にシルバーのロウを付着させる際にこのフラックスを付けない事には溶接が出来ません。言わば接着剤のような役割を持ちます。

そしてフラックスをパーツに塗った後は

 

 

こちらの早ロウと呼んでいますシルバーのロウを使う分だけカットし

 

 

画像だと少し分かりずらいですがパーツの溶接する部分にセットします。後は他のパーツにロウがいかないように慎重に気を使いながら火を上手く使い溶接します。

※他の箇所にロウが周ると違う部分のパーツがくっついてしまいます。

そうするとこのように

 

 

カットした部分がしっかりと溶接によりロウ付けされました。

後は

 

 

身体には大きくは害もない酸に付けて火を通した部分を綺麗にします。火を通した後のシルバーはこのように

 

 

下が火を通す前、上が火を通した後で違いが分かります。このままではダメなので

 

 

1コマ1コマ丁寧に磨きあげていきます。

 

 

その後は特殊な鉄の細かい砂が入っているタンブラーと言う機械に入れ手の届かない部分を更に磨いていきます。

それが終わると最後に

 

 

超音波洗浄機に入れ細かな汚れを落とし完成です。

 

 

正面から見て上が加工する前の全長40cmのシルバーチェーン。正面から見て下が全長40cmのシルバーチェーンを加工し45cmにサイズアップしたシルバーチェーンになります。以上でシルバーチェーンのサイズアップの作業をご覧いただきました。最後までお読み頂き有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です